2009.11.29 Sunday

発売したでーー!

遂に発売しましたでお譲ちゃんお兄ちゃん奥さんダンナさまおじいちゃんおばあちゃん!

SPEECIES 1stアルバム「Hi-Boy Fi-Girl」

渋谷のタワーレコードさんでは洋楽コーナーで展開して頂いてますねん!


ストアプレイもして頂いてるようです!特典DVDも放映中!

その場に行きニヤニヤしたいですw
CDジャーナルさんとこでもニュースになって御座いました!
CDジャーナル


また言いますが。

大手CDショップでも地方では発注して頂いてないため置いてない店舗もあるけど取り寄せ可能です。

名古屋はCYbER dYNEがゴリに押してくれてます。

大阪はTIME BOMB,KING KONG,テリトリー,PUNK AND DESTROYにも置いて頂いてます。

これに


これツッコンでます。

1. 未知へのオデッセイ
2. Don't Panic!
3. アナーキーオンザノーウェイヴ
4. Be My eBay
5. OYOY
6. メガロシティカウボーイブルース
7. ミュータンティン1984
8. Super Computer Said "42"
9. 2 the X
10. Okay-Okay
11. シャッター
12. ラブミサイルF-2080(SONG FROM SIGUE SIGUE SPUTNIK by SPEECIES RMX)
13. 2000
14. ヴィックスフォーラーガ(SONG FROM NAD MIKA by SPEECIES RMX)
15. バトルのテーマ

こんなときに送る暗号は

4649 !

| MOVIE | 01:16 | author : SADIE PINK GALAXY | comments(2) | ▲ PAGE TOP
2009.11.28 Saturday

THIS IS IT

マイケルジャクソンのTHIS IS IT観に行ってきました

最終日やったから満員でした。


「誰も観たことのないマイケル」

観終わって時間が経つにつれ、物凄いフィードバック現象に包まれています。



これだけ色々と考えさせられ、「何?!」に包まれるのは久しぶりかもしれません。

受けたものが大きすぎて多すぎて。


とにかく今 結構大声で叫びたいですw

モヤモヤしてます。

自分は中学んときにムチャクチャ好きだったという程度のファン?ですが

なぜもっと影響を受けなかったんだ!

という後悔、この代わりの居ないスーパースターがもう活動する事がないのかとなんとも歯がゆい気持ち。



仮にもぼくは音楽を創ったりライブをやったりしているので
基本的に音楽聴いたり、観たりするときは「同じアーティスト」として接していると思うんです。

しかし無意識にスケールがデカすぎて、僕の目や意識に届かなかった自分の都合で位置してたのかもしれないです。


創造するものたるや。人間たるや。


昨日リハーサル風景(映画ね)を見た限りでホント人間ここまでイケルのかと、
自分が恥ずかしくなったり、ミュージシャンとかいうレベルじゃなくてショック通り越して「この気持ち」は今なんなのかわかりません。


マイケルジャクソン。


その人に見せつける才能ではなく、感動を与えるというプロフェッショナル。

ていうか

最近ボク思ってたんすけど、

出来るヒト、ってヒトにいっぱい与えてくれるんですよね。


それは表面的に優しく感じるか、厳しく感じるか微妙なとこなんすけど、後にもその人のためになるっちゅうやつですか。

自分でいっぱいいっぱいだったら与える余裕なんてないです。

サービスとか仕事ってそうあるべきなのでしょうね。

結構いろいろ考えたでしょw


マイケルジャクソン。享年50歳。

その歳さえも超越してるけど

幼少期を飛ばしちゃったヒトだから考えや行動なんかもどんだけ上の事を考えてるねん!って感じでした。

普通の人が色々経験を経て30〜40代くらいに発揮する感覚が、マイケルは10歳くらいまでにあった(いやそれ以上?)と思うと

50歳だったけど、実際仙人並の400歳くらいの思考・佇まいだったのじゃないかな?と勝手にちょっと納得しています。



人に影響与えるなんて通り越して、「地球にやさしく」を実現しようとしてたんすね。
世界中のヒトと一緒に。

MICHAEL SAVE EARTHだったんですよね。

ウサンクサイ宗教なんか全部消えてみんなマイケルのソウルにみんな付いて行ったらいいと思います。

影響力・引率力・・・そして魅力。
マイケルは今までで一番「神」の真の意味に近い人間だったのかもしれませんね。


なによりも数々の試練を乗り越え、マイケルへの敬愛に集結してきたTHIS IS ITの関係者の緊張感、満足感がひしひしと伝わってきました。

ある意味甲子園の決勝戦的な。


ミキサー、ミュージシャン、ダンサー、ディレクター...プロ中のプロwith愛ですよ。

場所が場所なだけにみんな「感極ってます」ってのが凄く伝えられ届けられたというすさまじく素晴らしい映画でした。

あの映画のミキシング、サウンドエンジニアが本当凄いと思いました!


マイケルの私服でバルマンのジャケット3着も出てきて興奮しました。

やっぱりバルマンほっし〜!!!!!!


なんか意識がむっちゃ高まりました!!
・・と思うw

これからもず〜っと色々マイケルの魂に学びたいと思ってます!


ついでに宣伝みたいですが(ちゅうか宣伝)
マルサンから発売されるマイケルのレトロタイプのソフビ(来年一月末に入荷します)予約受付中です。








| MOVIE | 21:20 | author : SADIE PINK GALAXY | comments(0) | ▲ PAGE TOP
2008.10.16 Thursday

psycho=

風邪ひいてます。。。
長引いてうっとしいので注射打ちました
が あんま効いてないっぽいな〜

そんなズルズルのなかルーシーくんから電話
来年に向けての話
(WAAAVE 2009 3.21日@ロケッツ決定してます!)

そして
特殊メイクで有名な知り合いのナカタニ氏から電話
映画を撮りはったらしく
12月に発売の「サイコ・イコール」というwhdジャパンというところからリリースされるサイコホラーな映画のサントラ製作の話がきました
ツタヤのレンタルにも並ぶらしいです

サントラ!

犬神サーカス団やQPクレイジーも楽曲参加するらしいです

「12月発売っすか?!?!」
時間も限られてるし映画もまだ見せてもらってないのに間に合うのかな・・

がんばりますよ〜サントラメイカーの才能発揮しますよW

| MOVIE | 06:10 | author : SADIE PINK GALAXY | comments(2) | ▲ PAGE TOP
2006.08.30 Wednesday

The Hitchhiker’s Guide to the Galaxy

ここ数日はルースターズにどっぷりつかったオリのなか〜♪ですが、おんもしろいDVDに癒されてるのですよ。
探偵ナイトスクープのDVDボックス2に収録されてる「あんた!にいちゃん!」と連呼するおばちゃんにも癒されましたが、
「銀河ヒッチハイクガイド」という’81イギリスBBCで放送されていたSFカルトコメディーのTV版にはまってます!おもろいし斬新!こんな感覚は初めて!コレでしか味わえませんよ!!オススメします!!
なんともいえん笑いも斬新で、色使い(時折でてくるグラフィックがむちゃかっこいいかわいい!最高!!)やキャラの設定もギリギリ予想もつかないようなカツカツ具合が絶妙っす!サブカルでダレないし・・・そうそう、ロボットがめちゃおもろいんすよ!一つは永遠にレシートみたいな紙をだしているデータロボット(笑)もうひとつはすぐに落ち込むという難儀な鬱病のロボット(笑)はは〜〜!
どうやら去年ハリウッド映画されてたらしく、ソッチも今日かいました。
もともとダグラス・アダムスという作家の書いたSF小説らしいです。

あと話しは変わって、DAT POLITICSというチックスオンスピードレーベルから出しているアーティストがいるのですが、これがまたおもしろい音をだしているのですよ!PANのふりわけ、サンプリングの加工がチープにゴージャスに音のハリケーンです。とにかく凄いです。聴けば聴くほど、実はものすごーーーく緻密な作業をしているのに、いかにも「ええ加減なオーラ」を発している・・という、ただならぬセンスを感じます。
どんだけ時間かけてはるんやろか?!めちゃめちゃヒマなひとがめちゃめちゃ音で遊んでるんかな〜。

ぼくはこれからも刺激を求めてお金をつかいますよ!刺激よろしく!

| MOVIE | 04:48 | author : SADIE PINK GALAXY | comments(0) | ▲ PAGE TOP
2005.09.22 Thursday

映像三昧

しばらくライブも無く、曲作りにもぼちぼちはげんでますが、インスピレーションと休息も求め最近は映像三昧な日々を送っております。そういや知らんまに中華三昧(インスタント)ってなくなってるな〜

20歳の頃、感受性豊かなこの年頃に週5本は映画みなあかん!という使命のようなものを感じていてひたすら観てました。正月には必ず寅さん・釣りバカ2本立てもみに行ってたけど(笑)
それから夜のバイトでビデオ屋に行くようになって約3年、3日に1本は見てたとおもいます。バイトをやめる前は寝る前に3本観たり(笑)
最近はどんどんDVD化されていて、しかも安く鮮明な映像でもう一度あの映画を!!とか思って買ったりしてますがなかなか観るのが追いつかんもんです。ちゃんと集中力をつかって観たいし。

チャーリーのチョコレート工場公開ということで(めちゃ愛らしくておもろかった!)ビッグフィッシュ、ピーウィーを観てティムバートンのメルヘンでコミカルな雰囲気に飲まれました。

そしてラモーンズの「End of century」を観た。数々の悲しみを抱きつつも世界中に勇気を与え、時代を突っ走ってきた骨太な男達!ラモーンズへの意識が確実に変わりました。安易に聞くと割と脳天気に聞こえてしまいそうなストレートなロックンロールですが、お〜なんと頑固でネガティブな人達!ステージへのエネルギーの持って行き方がめちゃめちゃかっこいい!
一番驚きだったのが、オレの大好きなアランヴェガがラモーンズの最初のファンだったということだ!「こういうバンドをずっと待っていた」と言ったらしい。そんなん言われたいっちゅうねん。
それだけロックのカオスが拡散されてたという事なんでしょう。

そして同じくパンクな時代を築き、しかもロックを崩壊させたピストルズの「Great Rock'nRoll swindle」を15年ぶりに観た。15年前の若かりし頃と感じる事、所が違う!!全然かっこいいぜピストルズ!!(もとからモチロンかっこいいっす)自分のルーツはドールズにはじまったのパンク以降や!と息巻こうとしてたころに観た感じより、それ以前のエルビスしかりグラムやサイケ、ガレージなどにも傾倒した後にみたロックンロールスウィンドルは本気で「革命や〜〜〜〜〜〜〜!はぁ〜・・」とため息がでてしもた。ありえない状況をつくり、ありえない発言、ありえない行動、ありえない盛り上がり、ありえない奇跡。敵だらけのありえないハングリーなロックなシチュエーションに裏付けされた「自信」が最高にクール!シドなんて立ってるだけで勃ってるぜ!

「いい時代だったんやな〜」なんて後になってのんびりとデータを吟味していますが本当に大変だったからこその革命なのでしょう。あれがなかったらニューウェイブという混沌も生まれてないしねぇ。
はよライダース着たいわ〜(笑)

| MOVIE | 07:07 | author : SADIE PINK GALAXY | comments(0) | ▲ PAGE TOP
2005.04.09 Saturday

アイデン&ティティ

みうらじゅん×ロック×映画by田口トモロヲ。
このキーワードだけで、かなりの期待と集中力がわいてきた。もともと、みうらじゅんのマジメな面とふざけた面、両方が大好きで、というかマジメに行き過ぎた解釈に脱帽し、いつも抱腹絶倒しています。
アイデン&ティティは先生には珍しくシリアスでシュールな世界が前面に描かれていて、ぼくのバイブルだった!それが映画化!期待はしてたけど、田口トモロヲ、スタッフ、出演者らがひとつとなり、更に奇跡を起こしてくれました!期待のはるかイスカンダルへ!
ロックの旅をしてきて、これからも続けようとおもっている僕には、かなりの勇気と感動が!!内容だけでなく、製作側の情熱までもが伝わってきたのは凄い。特典映像でも泣けのははじめて。この人達の与えてくれた感動に対して、生き方として反映したいもんやなぁ。オレも誰かになにかあたえたいもんやなぁー。
最近の日本の映画はあんまりみてなかったんやけど、「あずみ」もよかった。
オレが世界のひとに奨めたいロックムービーは「アイデン&ティティ」です。
| MOVIE | 08:28 | author : SADIE PINK GALAXY | comments(8) | ▲ PAGE TOP