<< ロックPSY高 | Main | 絶版という滅亡寸前現象に欲望はヘッドスライディング >>
2013.01.09 Wednesday

水銀モーションダンスバック合成麻薬のサニティ

そういえば
一ヶ月ほど前はヨーロッパをアッチコッチデッチってたんです。

ブダペストのライブリポート

http://www.soundofjapan.hu/2013/01/lloy-speecies-ziz/

ライブ後
ZIZ軍団とオリバーくんたちとメシった時の写真(たぶん)






リポートっちゅうてもハンガリー語っぽいのでサッパワヤなんで

天才グーグル君に翻訳お願いしてみたら

なんかサイバーパンク節みたいな
なんのこっちゃワカランチンな歌詞にしたい様な
かっこE文字配列でしたのでミッシリ張ってみ〜る。


「月曜日の夜は、ジズとはSpeeciesながらフライヤーは、Coldwaveロイド&ホテルアネジー&ラベルの下に走ったダークエレクトロコンボされている間に "ニューウェーブエレクトロPunkzは"ヘッダーの下に来たのは偶然ではありませんが、音楽的に非常に異なっていた。我々は地獄にそれが鳴り響くpromószövegecske、それがどのようにコンサートで覆われている完璧な主Speecies旅団から取得されたことなど考えても言わない。その後、九十年代の当時のシンガー/バンドリーダーサディピンクギャラクシー、最も重要な日本のゴシックバンドの一つ、ジュビリーが上がった、と予期しないturn're狂信真ん中に約80年英語ジグジグスプートニク外観で彼のキャリアと、両方を一緒に持って来る数字で国際的な成功のカップル両方とも音楽的に一対一でそれらSpeeciesを形成フォローだったと今でも一貫してSputnikosトラック、エレクトロポップ音楽、未来的、サイバーパンク大きく触発された外観とのマッチングステージを探しに移動している。ただ最終的な結果が偶数になるütősebbéいる彼はまだパンクの良い量だそれをすべて、気持ちの地下生活(元の文字と紛らわしいtoplistabarátの偏重している)、投げる。そしてそれは、すべて失われモヒカンインディアンは、飛び降り悲鳴と水銀モーションダンスバック合成麻薬のサニティ·休息、過去から現代へ至る混じり未来へ、そこから現在に至るまで、一つとしてセイディとして、ハード、見事な効果音のおかげでやって来さらに困難Liveの舞台。自身がスムーズに稼働ショーを取った非常に素晴らしいフロントマン、時にはために走り回って、トップスピーカーの開始、さらには近所のジャンプでステージに登った場合は特に、狂気はまた群衆に飛び込んできました。
パンクの態度も大規模な以下の番号の最初のペアは、他の固定部材のちょうど束である、バックグラウンドでエレクトロビートを強烈はつかりMindenzt、後でジズのレベルはまた、ボーカリストを支持していると見でSputnikのサイバーパンクインディアンのような旅行者Kazzは助けましたが、 2人のミュージシャン、Chargeeeeee、クレイジードラマーは(誰も信じられないほど専門的かつ正確である...それは偶然ではないkisérőzenekarábanマーティフリードマンが発生しました)と、インテルはまた、彼のギターを持って、コンサートが押さフォアサムの詳細です。これは、私がどのような電子ベースのロック音楽、それのパンクエッジと流れるエネルギーを好むだろうもちろん生ドラムとギターの存在が唯一の右にさらに追加されたわけで、単純に圧倒的でした。そして、それは非常にすぐに同様に小さい金曜日に擦りが、同様に信じられないほど熱心と感謝観客は、そう、再び、それは、(金曜日にできるだけ多くの約2倍)ほんの少しあったものの、あなたが物事によって乱されていない、と判示されましたので、コンサートの運動量モーメント誰もがそうでなければ、かなり空室でない限り荒れ狂う行の前段階のいくつか忘れている。最後に、それはいくつかの時間が今のサディYouTubeチャンネルアップされていたが、ケーキの上のアイシングが身体に伝統的なソフトボールボディがbrutáljó、処理されてきている、しかし、唯一の3ツアーがCD-Rの数は、EPだっまとめ発表した。
ファンドはinkábできるのでコンサートの前に、それ以外のジレンマは、起動するバンドへとあったSpeeciesは、メインバンドであるが、契約は選択肢を持っていた少し後に、最終的には、むしろ、彼らは間により行うこともあって、開始と同じようにその先輩を持つように傾斜したそれが唯一のよりジズですのでszínpadrendezgetés簡単な方法の面でも、公園に他の一方で、来る可能性が高い。だから、の短い休憩や舞台...」
| MUSIC | 06:53 | author : SADIE PINK GALAXY | comments(3) | ▲ PAGE TOP
COMMENT
彼らは偶発的、Speeciesは(E)漢字では云う、それとはジェンダー、EPだっまとめ、中毒性が甘いエレガント、SpeeciesのTeknopoliceおいしい駄菓子
| 踏 | 2013/01/09 11:31 PM |
飛び降り悲鳴のモヒカンインディアンてのゎこの動画のSADIEさんのコトですかww
天井鷲掴みのお姿ステキです\(^o^)/
| ranmaru | 2013/01/12 12:51 PM |
踏さん>感謝はメインであるが起動する唯一の偶発はモーメント。

ranmaruさん>セイディーのそれはへなちょこの契約。しかしソフトボールボディが荒れ狂う短い趣味の詳細です。
| サディー | 2013/01/12 7:06 PM |
ADD YOUR COMMENT