<< I'm back | Main | cologne発祥の地 >>
2012.12.06 Thursday

Berlin insane

ZIZご一行と恐怖のミニジェットでベルリンへ。

空めちゃ広い。


機材が多過ぎてKOZIくんパニック笑


総勢七人でゴロゴロゴロゴロコマの音が響き渡りますよ。


KEYっちゅう頼れるお母ちゃんガールが迎えに来てくれ

電車ナビやゴロゴロのお手伝いしてくれてめっちゃ助かりました。

旅先のヘルプはほんまに有り難く身に染みる。

腱鞘炎には荷物いっぱいの移動きっついきっつい。

着きましたベルリーン。


この夜はウェルカムパーティーという名のZIZモLLOYも来ないというナンタルチーヤでDJしてきました。

わお!ルイスと再会!

「ベルリン全部見届けるからなブラザー」と挨拶がてらに来てくれたんですが

なにかしらの喜びと心の帯がギュギューンとしまりました。

ぼくルイスめっちゃ尊敬してますから。

ベルリンで頑張ってるSISSENくんと。


シセンくんが現地でガンバってる日本人をめっちゃ紹介してくれたんすけど

ひとりダイちゃんって姫路に住んでたDJの子がいてなんかワラけました。

ベルリンはあと2回ライブがあるっちゅう事で滞在するホテルがあったんですけど

ここの味付け空間がベリーナイスでした。

メシじゃなくて作りです。

確かCITY LIGHT HOTELやったか?

ゲスンドブルネンみたいな駅名の近くやった?

部屋も学生がやたら泊まりにくるらしく

ベッド2つ+2段ベッド。

無駄に2段ベッドに寝転んだりしては兄弟欲しかったな〜なんて思い出したり。

各フロア壁に色がカラフルに塗り分けられていたり。


地下にも案内してもらったら

そこはなんとクラブ。


「ここはヤングがワイワイする用につくったんや」ととっちゃん。

ほんで壁から車が飛び出してました。

「これは東ベルリンから車が飛び出したという設定でごじゃるよ!」とベルリンの壁崩壊という自由の時事まで表現。

これおっちゃんが車半分に切りましたんか?とお伺いしましたら

「そこの庭で切ったんや!」と。

なんかあっついでこのホテル!


レンタサイクルも有るよ。


さてとでライブですよ。

一発目はタタクリスチャンのデザイナーのアーニャ率いるアーニャエルプログラマーとシセンくんの企画。

lloyとはここでやっとoh毎度。

デッカい風貌のデジタルアレンジャーのオーリーさんもはじめまして。


MTBR氏のオーリーエピソードいい話やったな。

きゃっとさんもoh毎度。

ミスターがドラムで来ててなんだかサプライズ。


みんなで談笑しつつえっちらおっちら準備。

なんだかんだでサウンドチェックが日本みたいに進まないし思い通りにいかないのが海外。

ケーブルがテレコになったり音が鳴ったり鳴らなかったり。

そんなんです。

でもPAサンイイ汗かいいててこれはこれでE感じ。

そしてここでKOZIマン

風邪引いてダウン。

SPEECIESでもギター弾いてもらって申し訳ない。

でも弾いてくれます。


チャー坊も叩いてくれます。こらオバケやで笑




そしてルイスも見守りに来てくれてます。




GLITTER KLINIKのグレースも来てくれました ライブ観てる?


GLAMOUR TO KILL, GLITTER KLINIKそしてDIE BLONDIENとずっとルイスの相棒ホアンも。


あとナオヒロ13th moonのときにいったDROP DEAD FESで一緒だったNoblesse Obligeも来てました。


ルイスに「この人前に見たけどキョーレツやった!」
と言ったら

「彼女は昔からの素晴らしい友人だよん」

と言っててやっぱり繋がってるんですな。

あと

SCHWEFELGELBも来てくれて

「ヘイセイディー!めっちゃ良かったよ!CD買ったよ!サインしてよ!」

そうきたかで

感無量。めちゃ好きなアーティストにCD買ってもらえるなんて鳥肌チキンスキンですよ。


なによりもルイスが

「お前はなんでそんなにファッキンファビュラスなんやサイコーに誇りに思うブラザーだで」

とちょちょぎれる言葉が人生に染みてもうボク染みだらけです。


そして次の日はビッグブラザールイスがぶち込んでくれたCHANTAL'S HOUSE OF SHAME @ club BASSY。

これがサイコーにキョーレツでした。

まさにベルリンインセインというべきか。

地獄天国ともいうべきか。

ざっくりといってしまうとスーパーゲイのイベントなんですけど

平日なんか知った事かと夜中に何百人と集まってました。


色んな意味で"歴史あるピンポイント"っちゅうのは強いなと。


見てはいけないモノもたくさん見てしまいました笑

キッスもめっちゃされてしまいました笑

おひげがチクチクしてました。


ZIZメンバーや
ルイスとKEYが見守るなか



ヨーロッパの法律上ありえない360度の爆音サウンドチェック。



PAのとこに次々と「ポリースがうんたらかんたら!」と他のスタッフが激をとばしに来てニヤニヤとヒヤヒヤが止まりません。

開場とともにボクラがいさせてもらってたルームに次々といけないルージュマジックが奏でられはじめます。


しかし今思えば人に危害を加えるほうではない陶酔のほうだったので

そこはやはりベルリンか。という解釈してます。

言っときますけどワシのケツもカラダもクリーンを保ってますよ。


CHANTALさん登場

オーラ半端ないです。




怪しい赤い部屋で。



ルイスがいっぱい写真とってくれたり(あと守ってくれてた様な気がします)




恍惚の世界にいってしまってた美少年が良い事いってましたよ。

アジアの人はよく黒い髪を染めたりするけどDON'T DO THAT

そのままの良さがあるんだからみんなそのままでいて!と。


この日本人の中で誰がタイプ?って聞いたら

「チャージくん」

ってめっちゃ髪染めてるやん!



CHANTALでのライブは4曲というのが定番らしいのですが

アンコールにアンコールが次いで6曲やらせてもらいましたよーん。










それぞれの国や街にそれぞれの情緒や良さがあるとは思うんですが

シセンくんとの語らいしかり

ルイスミゲルの語りやフィルターを通して見せてもらうベルリンの景色はやはりサイコーでした。

ワンちゃんもチャリんこも電車オッケーですしね。

地下鉄で小銭が無くて困ってるときに黒人さんが小銭をおごってくれたり。

ホームレスが凄く増えてて景気はよろしくナイのかも知れませんけど

自由とウェルカムがいっぱいわかってる街やでどうしたって。

いい思い出いっぱい。



そしてこのライブが終わった後

余韻を味わう間もなく

すぐASTANのステッフが迎えに来てくれてケルンへ向かう超ノータイムハードスケジュールのはじまりなんです。
| ベルリン | 08:26 | author : SADIE PINK GALAXY | comments(0) | ▲ PAGE TOP
COMMENT
ADD YOUR COMMENT